タラモアデュー12年を飲んでみた。味の感想やおすすめの飲み方など。

アイリッシュ ウイスキー タラモアデュー 12年の写真

タラモア・デュー12年 外箱 アイリッシュウィスキー タラモア・デュー 12年

タラモア・デューとは

アイリッシュウイスキーを代表する名ブランド。アイリッシュでは、ジェムソンに続いて2位

飲んだ感想・評価

最初香りをかぐと予想よりアルコールの突き刺さす感じがある。

シェリーのよい香り、スモーキーさも香る。若干ながらバーボンっぽい趣もある。良いブレンデッドならではの複雑ないろいろな香り。強烈な香りではなく、香りは薄め。

結構アルコール感は強いが、すっと舌から抜けていくような上品さがある。辛味のあるアルコールの感じではない。

口当たりが軽く・滑らかで良い。フィニッシュはすっとは抜けず、余韻があるが、程よい感じ。

ベースはアイリッシュで若干ながらバーボンのような感じ。複雑ながらも素直。

シングルモルトが好きだけど、たまにはブレンデットの飲むたびに変わる複雑な香りを楽しむのも良いなぁ。

しっかりとしたアルコールがあり、香りは薄めだが、幅広く複雑な香りがするウィスキー。

おすすめの飲み方

ロックで徐々に変わる味を楽しむのが良い。

香りは薄め。はっきりしている。複雑な味を楽しむためにハイボールもおすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする