Pythonやり始めてみた。学習の動機、パイソンについて、基礎的な文法など

pythonプログラミング学習 PC関係

学習の動機

今自分がやりたいことはパイソンのライブラリを使うと簡単にできるっぽいので、パイソンを使ってみる。

 

なんか、「どの言語も中途半端にかじっては他のをやって…。」みたいな感じな状況でモヤッとするが、自分がやりたいこと・作りたいものをやるのが最終的には一番良いのではないかと思う。

 

なるべく簡単に手間なく出来る方法を探したほうが良いし、自分の興味があるものを楽しく出来るのが一番成長する…と信じて。

 

ということでパイソンの環境構築。また、パイソンのおおまかな理解。

 

パイソンとは/大まかな言語についての理解

1991年に誕生。元ネタはモンティ・パイソン。

 

メリット

・コードが読みやすい

・少ない文章で簡単にプログラムが書ける。文法がシンプル。

・ライブラリ/Webフレームワークが充実している(統計的な処理のライブラリが特に豊富)

 

デメリット
実行速度が遅い

 

主な用途

人工知能(AI)やWeb開発に用いられている

 

特徴

オフサイドルールの言語。if文などを字下げ(インデント)で指定する。

 

コンパイルが不要なインタプリタ型言語

 

環境構築/インストール方法

Welcome to Python.org
The official home of the Python Programming Language

add python 3.8.1 to pathにチェックを入れてインストール

 

コードの書き方/文法について

python ファイル名

でコマンドプロンプトで実行できる。

 

文頭に「#」で、行末までコメント。

 

「%」でmod

 

「変数名 = 値」で定義。変数名はクォーテーションで囲む必要はない。

 

変数命名のルール

最初の文字に数字は使用できない

予約語/キーワードは使えない

 

推奨されているルール

インデントは「スペース4つ」で統一

クラス名は大文字始まり

関数名は(原則)すべて小文字。可読性を上げるためにアンダーバー(_)使用も可能

定数は、アンダースコアつき大文字

 

「+」文字列の連結。

 

数値型を文字列型に変換

「str」

…str(数値)

文字列型を数値型に変換

「int」

…int(文字列)

 

if 条件式 :

    成立した時の処理を書くときには、インデント(字下げ)。

    elif: 条件が成り立たなかった場合を複数定義(else if)

    else:

==等しい

!=等しくない

>=, <=

 

「not 条件式」で条件の否定。条件式が「True」であれば全体が「False」に、「False」であれば「True」

 

「input」を用いると、コードを実行した際にコンソールに文字を入力可能になる。その入力された値を受け取ることができる。「変数 = input(‘コンソールに表示したい文字列’)」inputで受け取った値は文字列型。

 

親身な指導で実力をつけるプログラミングスクール | CodeVillage

タイトルとURLをコピーしました