自分なりずぼらてきとー英語勉強法

基本的に何かを習得しようと思った場合、継続しないとだめ。基本的というか、すべてそう。

で、一番重要なのは続けられるような仕組み化。意志の力なんて全くあてにならない。大変だったら続かないので、続く範囲をうまく見極める。

少し力がついてきたら物足りなくなってきて、上の段階を考えられるようになる。それまでは「こんな簡単なの?」っていうのを数分だろうと続けることが大事。

思考整理と続けるよう自戒を込めて、やっていること・やりたいことを書き出してみる。

使い古いした英単語帳DUO3.0

使い古いした英単語帳DUO3.0

毎日やっていること

DUO3.0を1sectionだけ黙読

→DUO3.0はとても良い単語帳。英文で単語を無理なくエピソード記憶できる。流し読みでもいいから、毎日読む。

単語力中級テストを一回やる

→とても良いサイト。ただ、サイト内でエラーが頻発してしまい、とてももったいない。コンセプトすげぇ良いと思うんだけど。

News in Levels(lv3)を(最低)1記事読む

→大事なのは、読むこと。意味をしっかり把握できなかったとしても、反省しない。

流し読みするだけ。

もちろんしっかり意味を把握できた方が良いに決まってるが、それで面倒くさくなってしまって続かないのが一番よくない。

多少意味がわからなかったとしても、読み続ける。一通り読むことを念頭に置く。

毎日やるわけではないが、時々行う勉強方法

英文法の勉強

→浴びるように英語を聞いて、浴びるように英語を読めば上達する人も中にはいる。

が、そんな才能は俺にはない。

英文法しっかり理解しないと、文の構造が全く分からない。

凡人は英文法勉強せにゃならん。

はまったゲームを翻訳せずにやってみる。詳細な説明文を理解する必要のないゲームを原文(英語)でプレイ。

→スカイリムやオブリビオンなど、はまったゲームを原文でやるのもよさそう。

日本語でストーリーや流れをもうつかんでいるから、英語の意味も分かりやすい。FPSとか、共通するバックボーンはつかんでいるし、詳細なルールを日本語でがっつり読む必要があるというFPSゲームは少ない。

そういうゲームは字幕自体も英語にしちゃうのも手。

コツとしては、多少わからなかったとしても、あまり気にしないこと。

なーんとなく意味が取れれば良しとする精神。何回も言うけど躓いて先に進めなくなるのが一番よくない。

英語youtuberの実況動画

→英語圏の実況動画を見る。字幕を表示すると意外とわかる。

なんだろう、いろいろあるけど、civ5やっている人ならマーボジア(Marbozir)の日本(信長)プレイがおすすめ。

面白いし発音が聞き取りやすい。

Civilization 5 – Ep. 1 – Let’s Play Japan – Civ 5 Deity Gameplay

やってみたいこと・やった方が良いと思うこと

半年から一年に一回、TOEICを受ける

→まぁ、特に現段階で英語が必要となる職種についているわけでもなく、話す必要性もなく、なんとなくできたらいいなぁ程度のモチベーション。

必要となる環境に身を置くのが一番よさそうだが、まぁ、そこまで気張る必要もないか。

それでも自分の程度がどの程度なのかを測定するために、ちょこちょこTOEICなどテストを受けるのもよさそうだ。

・・・
・・

とりあえずこんなところかな。また気づいたこと・思いついたことがあったら適宜追加。


DUO 3.0 単行本(ソフトカバー)