バランタインファイネストを飲んでみた。味の感想やレビュー。[ブレンデッドスコッチウイスキー]

バランタインファイネスト お酒

バランタインファイネストの画像

 

バランタインファイネスト

バランタインファイネスト

 

バランタイン17年プレゼントキャンペーンバランタイン17年プレゼントキャンペーン(2019)

※2019/10/01~2020/02/29まで「バランタイン17年」のプレゼントキャンペーンをやっているようだ。…ただ、”憧れの”とつけるのはどうかと思うよ…。ニュアンスはもちろんわかるんだけど…。

 

飲んだ感想・評価

 

まず、注ぎやすい。ウィスキーがポタポタたれない。

 

高級感あふれるボトルとは言えないが、この価格帯でその必要はないし、たれない利点のほうが大きい。ユーザービリティ高し。

 

香りをかぐ。とても甘い香り…という感じではなく、落ち着いた深みがある香り。

 

口に入れると、純粋なアルコール臭のあと、辛味と苦味が口に広がり、香りも複雑。

 

その後辛みがすっと引いてほんのりとした甘さがひろがり、さっぱり。フィニッシュは舌の上に味が残らないスッキリさと同時に、複雑でまろやかな香りの余韻が残る。

 

辛味や甘み、苦味や酸味など。すべての味わいがバランスよく広がる。

なんかウィスキーの味の要素がまんべんなく入っているような。

 

「癖がなくどんな人でも飲みやすい」というレビューを多く見るが、首をかしげる。

めちゃくちゃバランスは取れいている。

が、「飲みやすい」というウィスキーじゃないんじゃないかと思う。

 

俺は大好き。コストパフォーマンスも良い。

プロ厳選のおすすめ日本酒「saketaku」

おすすめの飲み方

 

複雑な風味があるので、加水して飲むのがおすすめ。より香りが引き立つ。トゥワイスアップやハイボールなど。

 

価格や情報など

 

40種類以上のシングルモルトを巧みにブレンドし、ライトでもヘヴィーでもない、どこまでも豊かで滑らかな味わいが特徴。

ブレンデッド/スコッチウィスキー

内容量:700ml
アルコール度数: 40.0%

[参考価格:1,154円]

 

 

ペルノ・リカール傘下のジョージ・バランタイン&サンによって製造・販売。

 

創業者ジョージ・バランタイン。1869年に自らブレンダーとなってブレンデッド・ウイスキーの製造に取り組む。(アンドリュー・アッシャーが世界初のブレンデッド・ウイスキーを作成したことに影響を受けた。)

 

1937年にはマスターブレンダー・ジョージ・ロバートソンの指揮の元にバランタイン17年を誕生させる。バランタイン17年は「ザ・スコッチ」という異名を持つほどに有名。

 

バランタイン17年のキーモルト…「バランタイン魔法の七柱」と呼ばれる。

スキャパ、プルトニー、バルブレア、グレンカダム、グレンバーギ、ミルトンダフ、アードベッグ

タイトルとURLをコピーしました