初心者が家でポーカー(テキサスホールデム)を始めてみた。チップなど揃えた道具やシャッフルの方法。

テキサスホールデムを家でプレイ。チップを購入 トランプ
テキサスホールデムを家でプレイ。チップを購入

もともと興味があって、友人も興味があるらしいので、トランプとチップをそろえてテキサスホールデムをやり始めてみた。

 

テキサスホールデムを家でプレイ。チップを購入

揃えた道具

トランプ

普段使用しているバイシクル。ど安定。普段使用とか言いつつ、最近は全然練習していない。

 

 

バイシクルについてのレビュー記事はこちら

バイスクルトランプのレビュー

 

チップ

アマゾンで調べてみたら、意外とたくさんの種類がある。あまり安っぽすぎても興ざめだし、そんな高いものは買えない。

ポーカーチップセット300 PC-2246A

 

評価も高く、値段も良さそうなので購入。

 

ケースもとてもしっかりしているし、チップもしっかり作られている。

ペラペラした作りではなく、重さもちょうどよい。

 

…しかし、チップの重さが良いということは、総重量がかなり重くなる。

持ち運びにはかなり不便。

リュックに入れて持ち運ぶには厳しいんじゃないだろうか。

 

マット

ただのテーブルでやると、シャッフルが面倒くさい。散らばったりしてしまう。

安物のマットを購入。

クロースアップマット テーブルマジック

 

可もなく不可もなく、値段の割にコストパフォーマンスが良いと思う。

カードが散らばったりしないで、シャッフルできる。

…ただ、届いたばかりだとめちゃくちゃ臭いのだけが難点。

匂いが取れれば良い。

 

ルールの把握

 

ルール解説しているサイトはいくらでもあるので割愛。ある程度ルールを把握できたら、無料のwebブラウザでできるゲームをやりながら覚える。

テキサスホールデムの無料ゲーム - トランプスタジアム

(何故かタブレット版でないと読み込みが出来ないので、タブレット版)

 

シャッフルについて

 

まぁ、家でやる分にはなんだってよいのだけど、なるべくカードは見えないようにシャッフルしたい。

 

そして、普通のシャッフル(いわゆるヒンズーシャッフルと呼ばれるもの)だと、なかなか混ざりづらいし、速度が遅い。

 

やるからには本格的にやりたいしね。

 

ポーカーやカジノの場合、シャッフルはリフルシャッフルストリップを行う。

 

本場カジノでのスタンダードな回数としては

リフル2回→ストリップ1回→リフル1回

とのこと

 

→空中で行うリフルシャッフルと、テーブル上で行うリフルシャッフル(テーブルシャッフル)がある。今回はテーブルシャッフルの方。

 

空中でリフルシャッフルが出来る人は、テーブル上でもなんとなく練習していればすぐに出来るようになる。

 

まぁ、ストリップはすぐ出来る。

 

【カジノディーラーの基本テクニック】リフルシャッフルとストリップ How to Shuffle Cards like a Casino Dealer

 

リフルフラッシュなどトランプ技法の過去記事があるので、よかったら見てください。

マジック技法・フラリッシュをやり始めて1年経過。練習成果や気をつけるポイントをまとめてみた。

 

感想

 

やっぱりチップがあると面白いね。チップ無いとクソゲー。酔っ払いながらダラダラとやるのが楽しい。

戦法やなんかもちょっとずつ勉強して上手くなりたい。

タイトルとURLをコピーしました